朝起きにくいとか立ちくらみがするといった症状の起立性調節障害は、思春期に多い病気といわれています。ここでは、起立性調節障害の治療法についてご紹介してみたいと思います。

 

起立性調節障害の原因について

起立性調節障害は、朝なかなか起きることができないとか、立ちくらみやめまいなどの症状が現れます。

 

しかも思春期に多い病気ともいわれており、朝なかなか起きることができないために学校をよく休んだり、不登校になるケースもよくあるといいます。

 

こうした起立性調節障害の直接の原因については、自律神経が乱れているからであるといわれています。

 

この自律神経の働きについては、すべての内臓や血管・分泌腺などの働きをコントロールしている重要な神経でもあるのです。しかも、知覚・運動神経とは違って自分の意志とは関係なく独立して働いています。

 

例えば、内臓や血管は自分の意志で自由に動かすことはできません。あるいは、寝ている時に呼吸をうまくできるのも自律神経によるものです。

 

さらには、食べた物を消化するために胃や腸が働いたり、体温を維持するために汗をかいたりするのも自律神経が作用しているからにほかなりません。また、自律神経には交感神経と副交感神経とがあり、それらの連携作用によって成り立っています。

 

例えば、起きている時や緊張している時というのは交感神経が優位になっており、寝ている時やリラックスしている時は副交感神経が優位な状態になっています。
従って起立性調節障害の場合には、自律神経が乱れているために交感神経と副交感神経の入れ替えや連携がうまくできないことから引き起こされる症状といえます。

 

それでは、どうして自律神経が乱れてしまうのでしょうか。何らかの疾病が原因となって自律神経が乱れてしまう場合があります。精神的なストレスや昼夜逆転の不規則な生活なども主な原因として挙げられます。とくに起立性調節障害の場合には、後者が主な原因といえます。

 

起立性調節障害の治療法について

起立性調節障害の原因は、自律神経の乱れが主な原因でもあるので、その治療法といえばまずは医師に相談をして薬剤を処方してもらうことをお勧めします。
その他にも、今の生活習慣を見直すことも大切です。

 

例えば、夜更かしをよくしている人は早寝早起きを心がける必要があります。ここで使えるのが光目覚まし時計inti squareというわけです。

 

あるいは、イライラや興奮を抑えるようなサプリを摂取したり、趣味や運動などでストレスを緩和することも大切です。、食事を規則正しく取ったり栄養バランスに気を使うことなども大切です。